札幌で実績のある眼科医療 - 医療法人社団ひとみ会 - 回明堂眼科・歯科のホームページ

2021年度業績

原著

  1. Hashimoto Y, Saito W, Kanaizumi S, Saito M, Noda K, Kanda A, Ishida S. Comparison of clinical characteristics in patients with acute zonal occult outer retinopathy according to anti-retinal antibody status. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol in press.
  2. Saito W, Hashimoto Y, Hirooka K, Ishida S. Choroidal thickness changes in a patient diagnosed with central serous chorioretinopathy during follow-up for pachychoroid pigment epitheliopathy. Retin Cases Brief Rep 15, 10-14, 2021.
  3. Hirakata T, Fujinami K, Saito W, Kanda A, Hirakata A, Ishida S, Murakami A, Tsunoda K, Miyake Y. Acute Unilateral Inner Retinal Dysfunction with Photophobia— Importance of Electrodiagnosis —. Jpn J Ophthalmol 65(1): 42-53, 2021.

その他

  1. 齋藤航. 自己免疫性網膜症の診断における網膜電図の有用性−第1回−. TOMEY OPHTHALMOLOGY NEWS. Vol.60, P21−23, 2021.

2020年度業績

著書

  1. 橋本勇希、齋藤航. ステロイド全身投与後に脈絡膜血流速度が増加したserpiginous choroiditis(地図状脈絡膜炎)の症例. 眼科診療ビジュアルラーニング5. 網膜硝子体. P324-327.
  2. 齋藤航. 視力低下が自然に回復した急性帯状潜在性網膜外層症の症例. 眼科診療ビジュアルラーニング5 網膜、硝子体. P315-319.
  3. 橋本勇希、齋藤航、石田晋. Unilateral acute idiopathic maculopathy (UAIM). 眼科診療ビジュアルラーニング6. 黄斑部. P319-322.

総説

  1. 齋藤航. 網脈絡膜疾患におけるLSFGの意義. 日本の眼科 91 (5); 48-53, 2020.

原著

  1. Shinkai A, Saito W, Hashimoto Y, Saito M, Kase S, Noda K, Ishida S. Morphological features of macular telangiectasia type 2 in Japanese patients. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol in press.
  2. Iwata D, Namba K, Yamamoto T, Mizuuchi K, Saito W, Ohno S, Kitaichi N, Ishida S. Clinical features of intraocular inflammation in Hokkaido, Japan. Ocul Immunol Inflamm in press.
  3. Saito M, Noda K, Saito W, Hirooka K, Hashimoto Y, Ishida S. Increased choroidal blood flow and choroidal thickness in patients with hypertensive chorioretinopathy. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 258 (2):233-240, 2020.
  4. Mizuuchi K, Saito W, Namba K, Ishida S. Multiple evanescent white dot syndrome and panuveitis: a case report. J Ophthalmic Inflamm Infect 10: 26, 2020.
  5. Miura G, Baba T, Iwase T, Ohde H, Kanda A, Saito W, Ishida S, Yamamoto S. Non-paraneoplastic autoimmune retinopathy that developed in fellow eye 10 years after onset in first eye: a case report. BMC Ophthalmol 20: 132, 2020.
  6. Saito W, Hashimoto Y, Hirooka K, Ishida S. Changes in choroidal blood flow velocity in patients diagnosed with central serous chorioretinopathy during follow-up for pachychoroid pigment epitheliopathy. Am J Ophthalmol Case Rep 18; 100651, 2020.

その他

  1. 齋藤航. 急性帯状潜在性網膜外層症(AZOOR)の診断における多局所網膜電図の有用性-第2回-. TOMEY OPHTHALMOLOGY NEWS. Vol.59, P29-31, 2020.

学会発表

  1. 廣岡季里子、齋藤航、山下結衣、橋本勇希、南場研一、野田航介、石田晋. 多発消失性白点症候群と点状脈絡膜内層症の病変混在例の検討. 第59回日本網膜硝子体学会、福岡、2020年11月27日
  2. 新海晃弘、齋藤航、廣岡季里子、橋本勇希、齋藤理幸、野田航介、石田晋. 黄斑部毛細血管拡張症type 2患者における黄斑部脈絡膜血流評価. 第59回日本網膜硝子体学会、福岡、2020年11月27日
  3. 田中孝幸、安藤亮、神田敦宏、齋藤航、石田晋. 長期経過観察した抗リカバリン抗体陽性非腫瘍随伴自己免疫性網膜症の1例. 第68回日本臨床視覚電気生理学会、神戸(web)、2020年9月20日

国内招待講演

  1. 齋藤航. AZOORとAIRの境界線. 第2回JINT Ochanomizu Retina Conference. 東京、2020年12月18日
  2. 齋藤航. 網脈絡膜疾患におけるLSFGの意義. 参天製薬社内勉強会、札幌、2020年2月19日
  3. 齋藤航. 教育セミナー2 網膜に起因する症状と視覚生理. 光視症をきたす疾患とその病態. 第124回日本眼科学会総会、東京 (web)、2020年4月27日

2019年度業績

著書

  1. 齋藤航. 急性帯状潜在性網膜外層症. 眼疾患アトラスシリーズ 後眼部アトラス. P118-119.
  2. 齋藤航. 散弾状脈絡網膜症. 眼疾患アトラスシリーズ 後眼部アトラス. P120-121.
  3. 齋藤航. 自己免疫性視神経症. 眼疾患アトラスシリーズ 後眼部アトラス. P386-387.
  4. 橋本勇希、齋藤航. 点状脈絡膜内層症. 眼疾患アトラスシリーズ 後眼部アトラス. P176-177.
  5. 橋本勇希、齋藤航. 汎ぶどう膜炎を伴う多巣性脈絡膜炎. 眼疾患アトラスシリーズ 後眼部アトラス. P178-179.
  6. 齋藤航. 急性帯状潜在性網膜外層症. 眼科疾患 最新の治療 2019-2021. P261.
  7. 齋藤航. AZOOR complexと眼底白点症候群. 2019臨床眼科増刊号. 実戦メディカル眼科治療アップデート. 臨床眼科73 (1) : 378-381, 2019
  8. 齋藤航. 抗α-enolase抗体陽性自己免疫性網膜症. 眼科診断トレーニング. 眼科グラフィック. 第8巻 (5), 606-609, 2019

総説

  1. Saito W, Ishida S. Acute Zonal Occult Outer Retinopathy. In: Yu H. (eds) Inflammatory and Infectious Ocular Disorders. Retina Atlas. Springer, Singapore, P45-50, 2019.

原著

  1. Hashimoto Y, Saito W, Namba K, Mizuuchi K, Iwata D, Noda K, Kanda A, Ishida S. Comparison of clinical characteristics in patients with Vogt-Koyanagi-Harada disease with and without anti-retinal antibodies. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 257 (8), 1751-1758, 2019.
  2. Hashimoto Y, Saito W, Hasegawa Y, Noda K, Ishida S. Involvement of inner choroidal layer in choroidal thinning during regression of multiple evanescent white dot syndrome. J Ophthalmol 2019; 6816925, 2019.
  3. Shinkai A, Saito W, Hashimoto Y, Ishida S. Improvements in visual acuity and macular morphology following cessation of anti-estrogen drugs in a patient with anti-estrogen maculopathy resembling macular telangiectasia type 2: a pathogenic hypothesis. BMC Ophthalmology 19: 267, 2019.
  4. Hashimoto Y, Saito W, Saito M, Hasegawa Y, Ishida S. Increased thickness and decreased blood flow velocity of the choroid in a patient with acute macular neuroretinopathy. BMC Ophthalmol 19: 109, 2019.
  5. 近藤峰生、飯田知弘、園田康平、齋藤航、岸章治、白神史雄、金子優、山下英俊. AZOOR の診断ガイドライン作成ワーキンググループ. 急性帯状潜在性網膜外層症(AZOOR)の診断ガイドライン. 日眼会誌123 (4): 443-449, 2019.

その他

  1. 安藤亮、齋藤航、神田敦宏、加瀬諭、藤波芳、菅原道孝、中村洋介、江口秀一郎、森祥平、野田航介、篠田啓、石田晋. 抗α-enolase抗体陽性自己免疫性網膜症の日本人における臨床像:新たなサブタイプ、多発ドルーゼン. Best articles of the year. 北海道医学雑誌. 94: 30, 2019.
  2. 安藤亮、齋藤航、神田敦宏、加瀬諭、藤波芳、菅原道孝、中村洋介、江口秀一郎、森祥平、野田航介、篠田啓、石田晋. 日本人抗αエノラーゼ抗体陽性自己免疫性網膜症患者の臨床像:多発ドルーゼン病型の確立.「外国誌要覧」日眼会誌 123: 339, 2019.
  3. 齋藤航. 急性帯状潜在性網膜外層症(AZOOR)の診断における多局所網膜電図の有用性-第1回-. TOMEY OPHTHALMOLOGY NEWS. Vol.58, P14-16
  4. 齋藤航. TECNIS IOL round table meeting in Sapporo. 札幌、2019年4月

学会発表

  1. 柴田有紀子、安藤亮、野田航介、廣岡季里子、長谷川綾華、品川真有子、清水啓史、齋藤理幸、加瀬諭、齋藤航、石田晋. PCVに対するPDTトリプル療法におけるpachychoroidの有無での治療成績の比較. 第58回日本網膜硝子体学会、長崎、2019年12月6日
  2. 安藤亮、齋藤航、平形寿彬、藤波芳、角田和繁、加瀨諭、野田航介、神田敦宏、石田晋. 抗carbonic anhydrase Ⅱ抗体陽性自己免疫性網膜症の臨床像. 第58回日本網膜硝子体学会、長崎、2019年12月6日
  3. 新海晃弘、齋藤航、橋本勇希、齋藤理幸、野田航介、石田晋. 黄斑部毛細血管拡張症type 2患者の黄斑部脈絡膜厚評価. 第58回日本網膜硝子体学会、長崎、2019年12月6日
  4. 齋藤航、神田敦宏、石田晋. 黄斑浮腫合併網膜色素変性様所見を呈した非腫瘍随伴自己免疫性網膜症の1例. 第73回日本臨床眼科学会、京都、2019年10月26日
  5. 齋藤航、神田敦宏、石田晋. 抗carbonic anhydrase-2抗体が陽性となった色素性傍静脈網脈絡膜萎縮の1例. 第67回日本臨床視覚電気生理学会、東京、2019年6月28日
  6. 平形寿彬、藤波芳、齋藤航、神田敦宏、角田和繁、村上晶、三宅養三. 片眼性negative ERGを伴う錐体杆体機能低下を示す7症例. 第67回日本臨床視覚電気生理学会、東京、2019年6月28日
  7. 新海晃弘、齋藤航、橋本勇希、長谷川裕香、廣岡季里子、石田晋. 自然寛解した黄斑部毛細血管拡張症type2の1例. 第36回日本眼循環学会、札幌、2019年7月19日
  8. 橋本勇希、齋藤航、長谷川裕香、滝田亜かり、野田航介、吉冨健志、石田晋. 小児と成人のacute macular neuroretinopathyにおける網脈絡膜形態の比較. 第44回 日本小児眼科学会、浜松、2019年6月14-15日
  9. 橋本勇希、斎藤航、長谷川裕香、滝田亜かり、野田航介、石田 晋、吉富健志. 多発消失性白点症候群における病変部と正常部の脈絡膜厚の比較.「網膜メディカル2」. 第89回九州眼科学会、大分、2019年5月31日
  10. 新海晃弘、齋藤航、橋本勇希、野田航介、石田 晋. トレミフェン内服中止後に視機能が改善した黄斑部毛細血管拡張症type 2の1例. 第123回日本眼科学会総会、東京、2019年4月20日
  11. Ando R, Saito W, Kanda A, Kase S, Fujinami K, Noda K, Shinoda K, Ishida S. Anti-enolase drusen: a novel subtype of autoimmune retinopathy. The 4th Japan-Taiwan Vitreoretinal Joint Meeting, Nagasaki, December 8, 2019.
  12. Hashimoto Y, Saito W, Saito M, Hasegawa Y, Yoshitomi T, Ishida S. Increased thickness and decreased blood flow of the choroid in a patient with acute macular neuroretinopathy. Global Ocular Inflammation Workshops 2019, June 28, 2019.
  13. Noda K, Murata M, Saito W, Kanda A, Ishida S. Accumulation of acrolein-conjugated protein in the vitreous fluid of proliferative diabetic retinopathy. ARVO Annual Meeting: Baltimore, USA; May 7-11, 2017.

国内招待講演

  1. 齋藤航. 加齢による網膜疾患. どう治療し、何に気をつければよいのか. 第11回眼の愛護デー市民の集い. 札幌、2019年10月6日
  2. 齋藤航. AMD画像診断徹底解説:パキコロイド含む. 岩見沢エキスパートミーティング. 岩見沢、2019年11月15日
  3. 齋藤航. 抗α-enolase抗体陽性自己免疫性網膜症. ティータイムセミナー2. 新しい疾患概念、最近注目の疾患. 第67回日本臨床視覚電気生理学会、東京、2019年6月28日

2018年度業績

著書

  1. 齋藤航. 急性帯状潜在性網膜外層症. 眼科疾患 最新の治療 2019-2021. P261.

原著

  1. Ando R, Saito W, Kanda A, Kase S, Fujinami K, Sugahara M, Nakamura Y, Eguchi S, Mori S, Noda K, Shinoda K, Ishida S. Clinical features of Japanese patients with anti-α-enolase antibody-positive autoimmune retinopathy: Novel subtype of multiple drusen. Am J Ophthalmol 196 (12): 181-196, 2018.
  2. Tanaka A, Saito W, Kase S, Ishijima K, Noda K, Ishida S. Role of the epipapillary membrane in maculopathy associated with cavitary optic disc anomalies: morphology, surgical outcomes, and histopathology. J Ophthalmol 2018; 5680503, 2018.
  3. Yoshida S, Murata M, Noda K, Matsuda T, Saito M, Saito W, Kanda A, Ishida S. Proteolytic cleavage of vascular adhesion protein-1 induced by vascular endothelial growth factor in retinal capillary endothelial cells. Jpn J Ophthalmol 62 (2): 256-264, 2018
  4. Saito M, Noda K, Saito W, Ishida S. Relationship between choroidal blood flow velocity and choroidal thickness in patients with regression of acute central serous chorioretinopathy. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 256: 227-229, 2018.
  5. Takita A, Hashimoto Y, Saito W, Kase S, Ishida S. Changes in blood flow velocity and thickness of the choroid in a patient with leukemic retinopathy. Am J Ophthalmol Case Rep 12; 68-72, 2018.

その他

  1. 廣岡季里子、齋藤航、齋藤理幸、橋本勇希、森祥平、野田航介、南場研一、石田晋. 急性帯状潜在性網膜外層症の日本人患者における臨床像、視機能、視機能を規定する因子. Best articles of the year. 北海道医学雑誌. 93: 29, 2018.

学会発表

  1. 安藤亮、野田航介、廣岡季里子、柴田有紀子、橋本勇希、鈴木智浩、清水啓史、藤谷顕雄、董震宇、加瀬諭、齋藤航、石田 晋. PCVに対するPDTトリプル療法の5年成績. 第57回日本網膜硝子体学会、京都、2018年12月1-3日
  2. 柴田有紀子、安藤亮、野田航介、廣岡季里子、橋本勇希、鈴木智浩、清水啓史、藤谷顕雄、加瀬諭、齋藤航、石田晋. PCVに対するPDTトリプル療法の初回治療と再発治療の比較検討. 第57回日本網膜硝子体学会、東京、2018年12月1-3日
  3. 新海晃弘、齋藤航、橋本勇希、齋藤理幸、野田航介、石田晋. 黄斑部毛細血管拡張症type 2の視力と視細胞形態の推移. 第57回日本網膜硝子体学会、京都、2018月12月9日
  4. 齋藤航. CSC合併pachychoroid pigment epitheliopathyの1例における脈絡膜血流変化. 第9回レーザースペックル研究会、東京、2018年11月24日
  5. 齋藤航、橋本勇希、南場研一、水内一臣、岩田大樹、廣瀬育代、神田敦宏、石田晋. 抗網膜抗体陽性の有無によるフォークト・小柳・原田病患者の臨床像の比較. 第72回日本臨床眼科学会、東京、2018年10月13日
  6. 橋本勇希、南場研一、齋藤航、野田航介、石田晋. 多発消失性白点症候群において脈絡膜厚grid解析をおこなった1例. 第72回日本臨床眼科学会、東京、2018年10月13日
  7. 安藤亮、齋藤航、神田敦宏、加瀬諭、藤波芳、菅原道孝、中村洋介、江口秀一郎、野田航介、篠田啓、石田晋. 抗α-enolase抗体陽性自己免疫性網膜症の網膜電図所見. 第66回日本臨床視覚電気生理学会、浜松、2018年9月22日 学会優秀発表賞受賞
  8. 新海晃弘、齋藤航、橋本勇希、長谷川裕香、廣岡季里子、石田晋. 漿液性網膜剥離合併dome-shaped maculaにおける脈絡膜形態と血流変化. 第35回日本眼循環学会、松本、2018年7月20日
  9. 橋本勇希、齋藤航、長谷川裕香、齋藤理幸、野田航介、石田晋. 発症前後の脈絡膜形態変化が観察できたacute macular neuroretinopathyの1例. 第35回日本眼循環学会、松本、2018年7月20日
  10. 白枝友子、野田航介、廣岡季里子、橋本勇希、清水啓史、鈴木智浩、藤谷顕雄、董震宇、水内一臣、加瀬諭、齋藤航、石田 晋. 中心性漿液性脈絡網膜症を発症した真性多血症の1例. 第35回日本眼循環学会、松本、2018年7月20日
  11. 廣岡季里子、齋藤航、江川麻理子、三田村佳典、橋本勇希、野田航介、園田祥三、坂本泰二、石田晋. 多発消失性白点症候群における脈絡膜構造の層別解析. 第122回日本眼科学会総会、東京、2018年4月20日
  12. Hirooka K, Namba K, Saito W, Hashimoto Y, Ishida S. Early posttreatment choroidal thickness to alert sunset glow fundus in patients with Vogt-Koyanagi-Harada disease treated with systemic corticosteroids. 33rd APAO: Hong Kong, China; February 8-11, 2018.

国内招待講演

  1. 齋藤航. 眼底所見から鑑別する網膜疾患. 興和製薬社内講演会. 札幌、2018年11月28日
  2. 齋藤航. AMD画像診断の基本: パキコロイド含む. 第9回LEADER in Sapporo. 札幌、2018年10月20日
  3. 齋藤航. パキコロイドはCSCの類縁疾患?脈絡膜形態と血流から斬る!第2回北海道網膜学術集会. テーマ「パキコロイドを斬る!」札幌、2018年10月6日
  4. 齋藤航. 糖尿病網膜症update. 糖尿病の合併症を考慮した治療を考える会. 札幌、2018年6月26日
  5. 齋藤航. 加齢黄斑変性~画像の読み方徹底解説~. アルコンファーマ社内勉強会. 札幌、2018年6月4日

2017年度業績

著書

  1. 齋藤航. 急性帯状潜在性網膜外層症. 眼底画像パーフェクトアトラス.P220-221.
  2. 齋藤航. 点状脈絡膜内層症. 眼底画像パーフェクトアトラス.P224-225.

原著

  1. Hashimoto Y, Saito W, Saito M, Hasegawa Y, Takita A, Mori S, Noda K, Ishida S. Relationship between choroidal thickness and visual field impairment in acute zonal occult outer retinopathy. J Ophthalmol 2017: 2371032, 2017.
  2. Hirooka K, Saito W, Namba K, Mizuuchi K, Iwata D, Hashimoto Y, Ishida S. Early post-treatment choroidal thickness to alert sunset glow fundus in patients with Vogt-Koyanagi-Harada disease treated with systemic corticosteroids. PLoS One 12(2): e0172612, 2017.
  3. Dong Y, Kanda A, Noda K, Saito W, Ishida S. Pathologic roles of receptor-associated prorenin system in idiopathic epiretinal membrane. Sci Rep 7: 44266, 2017.
  4. Dong Y, Noda K, Murata M, Yoshida S, Saito W, Kanda A, Ishida S. Localization of acrolein-lysine adduct in fibrovascular tissues of proliferative diabetic retinopathy. Curr Eye Res 42: 111-117, 2017.
  5. Murata M, Noda K, Kawasaki A, Yoshida S, Dong Y, Saito M, Dong Z, Ando R, Mori S, Saito W, Kanda A, Ishida S. Soluble vascular adhesion protein-1 mediates spermine oxidation as semicarbazide-sensitive amine oxidase: possible role in proliferative diabetic retinopathy. Cur Eye Res 42: 1674-1683, 2017.
  6. Kanda A, Dong Y, Noda K, Saito W, Ishida S. Advanced glycation endproducts link inflammatory cues to upregulation of galectin-1 in diabetic retinopathy. Sci Rep 7: 16168, 2017.
  7. Kase S, Saito W, Mori S, Saito M, Ando R, Dong Z, Suzuki T, Hashimoto Y, Noda K, Susumu Ishida. Clinical and histological evaluation of large macular holes surgery using the inverted ILM flap technique. Clin Ophthalmol 11: 9–14, 2017.
  8. Ishikawa Y, Hashimoto Y, Saito W, Ando R, Ishida S. Blood flow velocity and thickness of the choroid in a patient with chorioretinopathy associated with ocular blunt trauma. BMC Ophthalmol 17: 86, 2017.
  9. Suimon Y, Saito W, Hirooka K, Kanda A, Kitai H, Sakakibara-Konishi J, Ishida S. Improvements of visual function and outer retinal morphology following spontaneous regression of cancer in anti-recoverin cancer-associated retinopathy. Am J Ophthalmol Case Rep 5, 137-140, 2017.
  10. 山田梨佳、山添克弥、久須美有美、神田敦宏、齋藤航、石田晋、堀田一樹. ステロイド治療と卵巣腫瘍摘出より視機能改善を示した癌関連網膜症の1例. 眼科臨床紀要 10: 913-917, 2017.
  11. 菊地香澄、木嶋理紀、新明康弘、大口剛司、陳進輝、南場研一、齋藤航、石田晋. Rosai-Dorfman病に合併した続発緑内障に対し360°suture trabeculotomy変法が奏効した1例. 眼科手術 30: 514-517, 2017.

学会発表

  1. 神田敦宏、野田航介、齋藤航、石田晋. 糖尿病網膜症における新規血管新生因子ガレクチン-1の発現調節メカニズム. 第40回日本分子生物学会年会、東京、2017年12月6-9日
  2. 橋本勇希、齋藤航、滝田亜かり、長谷川裕香、鈴木智浩、安藤亮、藤谷顕雄、森祥平、加瀬諭、野田航介、石田晋. Acute macular neuroretinopathyにおける脈絡膜層別厚の経時変化. 第56回日本網膜硝子体学会、東京、2017年12月1-3日
  3. 福津佳苗、安藤亮、新明康弘、鈴木智浩、藤谷顕雄、森祥平、加瀬諭、阿部早和子、齋藤航、野田航介、石田晋. MPO-ANCA陽性を示したparacentral acute middle maculopathyの1例. 第56回日本網膜硝子体学会、東京、2017年12月1-3日
  4. 齋藤理幸、野田航介、星川靖裕、小林正彦、道家充、村田美幸、齋藤航、加瀬学、石田晋. 血管径自動解析プログラムによる網膜動静脈比と血圧脈波の相関. 第56回日本網膜硝子体学会、東京、2017年12月1-3日
  5. 新海晃弘、齋藤航、廣岡季里子、藤波芳、篠田啓、野田航介、石田晋. 視機能と網膜機能が良好であった中心窩温存黄色斑眼底の1例. 第65回日本臨床視覚電気生理学会、大阪、2017年11月10日
  6. 齋藤航、橋本勇希、神田敦宏、石田晋. 脳回状網脈絡膜萎縮様の眼底所見を示した非腫瘍随伴自己免疫性網膜症の1例. 第71回日本臨床眼科学会,東京,2017年11月5日
  7. 鈴木智浩、齋藤理幸、廣岡季里子、橋本勇希、藤谷顕雄、安藤亮、森祥平、加瀬諭、齋藤航、野田航介、石田晋. Laser speckle flowgraphyを用いたdome-shaped macularの脈絡膜循環解析. 第71回日本臨床眼科学会、東京、2017年10月12-15日
  8. 廣岡季里子、齋藤航、南場研一、水内一臣、岩田大樹、橋本勇希、石田晋. フォークト・小柳・原田病における視神経乳頭周囲網膜神経線維層厚の変化. 第71回日本臨床眼科学会、東京、2017年10月12-15日
  9. 齋藤航、橋本勇希、廣岡季里子、石田晋. 中心性漿液性脈絡網膜症合併pachychoroid pigment epitheliopathyの脈絡膜血流変化. 第34回日本眼循環学会、大阪、2017年7月22日
  10. 野田航介、齋藤理幸、星川靖裕、小林正彦、道家充、村田美幸、齋藤航、加瀬学、石田晋. 血管径自動解析プログラムによる網膜動静脈比測定とその有用性の検討. 第34回日本眼循環学会、大阪、2017年7月22日
  11. 橋本勇希、齋藤航、長谷川裕香、齋藤理幸、安藤亮、森祥平、加瀬諭、野田航介、石田晋. 多発消失性白点症候群における脈絡膜層別厚の経時変化. 第121回日本眼科学会総会、東京、2017月4月6日
  12. 神田敦宏、薹陽子、野田航介、齋藤航、石田晋. 糖尿病網膜症における新規血管新生因子ガレクチン-1の発現メカニズム. 第121回日本眼科学会総会、東京、2017年4月6日
  13. Iwata D, Namba K, Yamamoto T, Mizuuchi K, Saito W, Ohno S, Kitaichi N, Ishida S. Clinical features of intraocular inflammation in Hokkaido University Hospital. 14th Congress of the International Ocular Inflammation Society (IOIS) : Lausanne, Switzerland; October 18-21, 2017.
  14. Noda K, Murata M, Saito W, Kanda A, Ishida S. Accumulation of acrolein-conjugated protein in the vitreous fluid of proliferative diabetic retinopathy. ARVO Annual Meeting: Baltimore, USA; May 7-11, 2017.
  15. Hashimoto Y, Ishikawa Y, Saito W, Ando R, Ishida S. Blood flow velocity and thickness of the choroid in a patient with chorioretinopathy associated with ocular blunt trauma. ARVO-Asia: Brisbane, Australia; February 5-8, 2017.

国内招待講演

  1. 齋藤航. 脈絡膜の機能と形態の解析からみえてきた網脈絡膜疾患の病態. 眼科最新治療フォーラム. 徳島、2017年11月12日
  2. 齋藤航. 網膜血管疾患-私の治療戦略-. アルコンファーマ社内勉強会. 札幌、2017年10月25日
  3. 齋藤航. 網膜疾患の治療方針とLSFGを用いた脈絡膜血流研究. 参天製薬社内勉強会. 札幌、2017年2月15日
  4. 齋藤航. 網膜疾患の診断と治療方針. 興和創薬社内勉強会. 札幌、2017年2月8日

2016年度業績

著書

  1. 齋藤航. 散弾状脈絡網膜症. 今日の眼疾患治療指針 第3版 P570-571.
  2. 齋藤航. 手術で直すDME サイエンスとアート. 知ってるようで知らない新しい糖尿病網膜症診療 P212-217.
  3. 齋藤航. Uveal effusion. 一目で分かる眼疾患の見分け方. ぶどう膜疾患、網膜・硝子体疾患 P142-143.
  4. 齋藤航. 抗VEGF治療セミナー. 抗VEGF治療時代におけるPDT併用療法のメリット. あたらしい眼科 33 (8) 1163‐1164, 2016.
  5. 齋藤航. 生涯学習のための眼科医レベルチェックリスト. 網膜硝子体疾患. 眼科グラフィック Vol5 (2), P196-199, 2016.

総説

  1. 齋藤航. 眼血流研究と脈絡膜-LSFGを中心に. 臨床眼科70 (13):1832-1837, 2016.

原著

  1. Hashimoto Y, Saito W, Saito M, Hasegawa Y, Mori S, Noda K, Ishida S. Relationship between choroidal thickness and visual impairment in multiple evanescent white dot syndrome. Acta Ophthalmol 94 (8): e804-e806, 2016.
  2. Hirooka K, Saito W, Saito M, Hashimoto Y, Mori S, Noda K, Ishida S. Increased choroidal blood flow velocity with regression of acute posterior multifocal placoid pigment epitheliopathy. Jpn J Ophthalmol 60: 172–178, 2016.
  3. Saito W, Saito M, Hashimoto Y, Ishida S. Occult hypertensive choroidopathy: novel finding of suprachoroidal fluid. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 254: 1229-1231, 2016.
  4. Takemoto Y, Namba K, Mizuuchi K, Iwata D, Uno T, Ohno S, Hirooka K, Hashimoto Y, Saito W, Sugiyama K, Ishida S. Choroidal circulation impairment during the anterior recurrence of Vogt-Koyanagi-Harada disease confirmed with indocyanine green angiography and laser speckle flowgraphy. Acta Ophthalmol 94: e629-e636, 2016.
  5. Dong Y, Dong Z, Kase S, Ando R, Fukuhara J, Kinoshita S, Inafuku S, Tagawa Y, Ishizuka ET, Saito W, Murata M, Kanda A, Noda K, Ishida S. Phosphorylation of alphaB-crystallin in epiretinal membrane of human proliferative diabetic retinopathy. Int J Ophthalmol 9: 1100-1105, 2016.
  6. Kinoshita S, Noda K, Saito W, Kanda A, Ishida S. Vitreous levels of vascular endothelial growth factor-B in proliferative diabetic retinopathy. Acta Ophthalmol 94: e521-523 2016.

その他

  1. 齋藤理幸、齋藤航、廣岡季里子、橋本勇希、森祥平、野田航介、石田晋. 急性中心性漿液性脈絡網膜症の寛解に伴う黄斑部脈絡膜血流動態の波形変化. 日本眼科学会雑誌連載 「外国誌要覧」日眼会誌 120: 268, 2016.
  2. 橋本勇希、齋藤航、藤谷顕雄、吉澤史子、廣岡季里子、森祥平、野田航介、石田晋. 特発性黄斑円孔の硝子体術後における網膜内層および外層厚の変化:視力予後との関連. Best articles of the year. 北海道医学雑誌. 91: 74, 2016.
  3. 齊藤沙宝、齋藤航、齋藤理幸、橋本勇希、森祥平、野田航介、南場研一、石田晋. 急性帯状潜在性網膜外層症の日本人患者における臨床像、視機能、視機能を規定する因子. Best articles of the year. 北海道医学雑誌. 91: 43, 2016.

学会発表

  1. 安藤亮、野田航介、廣岡季里子、橋本勇希、鈴木智浩、森祥平、齋藤理幸、吉澤史子、加瀬諭、齋藤航、石田晋. PDFトリプル療法を行った加齢黄斑変性における治療2年後視力の規定因子. 第55回日本網膜硝子体学会総会、東京、2016年12月2-4日
  2. 橋本勇希、齋藤航、齋藤理幸、野田航介、石田晋. 朝顔様視神経乳頭眼に発症した急性帯状潜在性網膜外層症の1例. 第55回日本網膜硝子体学会総会、東京、2016年12月2-4日
  3. 廣岡季里子、齋藤航、齋藤理幸、森祥平、安藤亮、橋本勇希、加瀬諭、野田航介、石田晋. Pachychoroid pigmentepitheliopathyの臨床像. 第55回日本網膜硝子体学会総会、東京、2016年12月2-4日
  4. 森祥平、村田美幸、野田航介、鈴木智浩、齋藤理幸、安藤亮、加瀬諭、齋藤航、神田敦宏、石田晋. 増殖糖尿病網膜症患者の硝子体アクロレイン結合蛋白FDP-lysine濃度. 第55回日本網膜硝子体学会総会、東京、2016年12月2-4日
  5. 齋藤航、橋本勇希、廣岡季里子、石田晋. 中心性漿液性脈絡網膜症を合併したpachychoroid pigment epitheliopathyの脈絡膜厚. 第70回日本臨床眼科学会, 京都, 2016年11月5日
  6. 鈴木智浩、齋藤理幸、廣岡季里子、橋本勇希、安藤亮、森祥平、加瀬諭、齋藤航、南場研一、野田航介、石田晋. 急性後部多発性斑状色素上皮症の発症前後における脈絡膜血流と形態の経時的変化. 第70回日本臨床眼科学会, 京都, 2016年11月5日
  7. 山本拓、岩田大樹、南場研一、水内一臣、齋藤航、大野重昭、北市伸義、石田晋. 北海道大学病院眼科におけるぶどう膜炎原因疾患の統計学的解析. 第70回日本臨床眼科学会, 京都, 2016年11月5日
  8. 北村裕太、三浦玄、中村洋介、大出尚郎、神田敦宏、齋藤航、山本修一. 自己免疫性網膜症 (AIR)が疑われた2例の臨床経過. 第70回日本臨床眼科学会, 京都, 2016年11月5日
  9. 廣岡季里子、齋藤航、南場研一、水内一臣、岩田大樹、橋本勇希、石田晋. フォークト・小柳・原田病のステロイド全身投与前後の視神経乳頭血流動態の経時変化. 第70回日本臨床眼科学会, 京都, 2016年11月5日
  10. 橋本勇希、齋藤航、神田敦宏、廣瀬育代、金泉沙宝、齋藤理幸、水内一臣、南場研一、石田晋. 急性帯状潜在性網膜外層症患者における抗網膜抗体陽性率. 第70回日本臨床眼科学会, 京都, 2016年11月6日
  11. 石田晋、董陽子、野田航介、齋藤航、神田敦宏. 糖尿病網膜症における血管新生因子ガレクチン-1による病態形成への関与. 第22回日本糖尿病眼学会総会, 仙台, 2016年10月7-8日
  12. 廣岡季里子、齋藤航、神田敦宏、石田晋. 網膜外層形態に異常を示さなかった急性帯状潜在性網膜外層症の1例. 第64回日本臨床視覚電気生理学会, 志摩, 2016年9月29日
  13. 神田敦宏、董陽子、野田航介、齋藤航、石田晋. アフリベルセプト新規結合タンパク質がレクチン-1による糖尿病網膜症における病態形成への関与. 第6回わかもと先進眼科医療研究会 (Wakamoto conference of Advanced Medicine of Ophthalmology in Tokyo; WACAMOTO)、東京、2016年8月19日
  14. 橋本勇希、齋藤航、廣岡季里子、野田航介、石田晋. Acute macular neuroretinopathyにおける脈絡膜循環動態の経時変化. 第33回日本眼循環学会、福岡、2016年7月22-23日
  15. 廣岡季里子、齋藤航、南場研一、水内一臣、岩田大樹、橋本勇希、石田晋. フォークト・小柳・原田病における夕焼け状眼底の有無による脈絡膜厚の比較. 第33回日本眼循環学会、福岡、2016年7月22-23日
  16. 廣岡季里子、齋藤航、南場研一、水内一臣、岩田大樹、橋本勇希、石田晋. フォークト・小柳・原田病における夕焼け状眼底の有無による脈絡膜循環動態の比較. 第50回 日本眼炎症学会、東京、2016年7月1日
  17. 森なみ、橋本勇希、長谷川裕香、齋藤航、石田晋. 多発消失性白点症候群における年代別の臨床像の検討. 第41回日本小児眼科学会総会合同学会, 横浜, 2016年6月24-25日
  18. 橋本勇希、齋藤航、溝口亜矢子、石田晋. 多発消失性白点症候群における視神経乳頭と周囲組織の血流、形態と視野異常との関連. 第5回日本視野学会学術集会, 神戸, 2016年5月14-15日
  19. 菊地郁、齋藤航、廣岡季里子、橋本勇希、石田晋. PIC, AMN, 強膜炎を併発し頻回に再発した急性帯状潜在性網膜外層症の1例. 第120回日本眼科学会総会, 仙台, 2016年4月7-10日
  20. 橋本勇希、齋藤航、廣岡季里子、森祥平、野田航介、石田晋. Acute macular neuroretinopathyにおける脈絡膜厚の経時変化. 第120回日本眼科学会総会、仙台、2016年4月7-10日
  21. 神田敦宏、野田航介、齋藤航、石田晋. アフリベルセプトによる糖結合タンパク質ガレクチン-1誘導血管新生の抑制. 第120回日本眼科学会総会、仙台、2016年4月7-10日
  22. 廣岡季里子、齋藤航、齋藤理幸、橋本勇希、森祥平、加瀬諭、安藤亮、野田航介、石田晋. 慢性中心性漿液性脈絡網膜症における脈絡膜循環と形態の経時変化. 第120回日本眼科学会総会, 仙台, 2016年4月7-10日
  23. 齋藤理幸、野田航介、橋本勇希、加瀬諭、森祥平、安藤亮、廣岡季里子、齋藤航、石田晋. 中心性漿液性脈絡網膜症における中心窩脈絡膜厚と黄斑部脈絡膜血流の変化. 第120回日本眼科学会総会, 仙台, 2016年4月7-10日
  24. Saito M, Noda K, Hasimoto Y, Hirooka K, Ando R, Mori S, Kase S, Saito W, Ishida S. Relationship between choroidal blood flow velocity and thickness in patients with central serous chorioretinopathy. AAO 2016: Chicago, USA; October 15-18, 2016.
  25. Ishida S, Kanda A, Noda K, Saito W. Aflibercept traps Galectin-1, an angiogenic factor in diabetic retinopathy. 30th Meeting of the Club Jules Gonin: Bordeaux, France; July 6-9, 2016.
  26. Kanda A, Noda K, Saito W, Ishida S. Galectin-1 is an angiogenic factor associated with proliferative diabetic retinopathy: Novel target for aflibeccept. ARVO Annual Meeting: Seattle, USA; May 1-5, 2016.
  27. Saito M, Noda K, Hashimoto Y, Hirooka K, Dong Z, Ando R, Mori S, Kase S, Saito W, Ishida S. Alterations of choroidal thickness and circulation in patients with hypertensive choroidopathy. ARVO Annual Meeting: Seattle, USA; May 1-5, 2016.
  28. Hirakata T, Fujinami K, Kanda A, Saito W, Kobayashi H, Tsunoda K, Murakami A, Miyake Y. Unilateral Cone-rod dysfunction with electronegative bright flash electroretinogram in paraneoprastic and non-paraneoplastic autoimmune retinopathy. ISCEV 2016, Singapore; August 13-18, 2016.

国内招待講演

  1. 齋藤航. シンポジウム. 脈絡膜から網膜疾患を考える. 急性帯状潜在性網膜外層症コンプレックスにおける脈絡膜循環動態と形態. 第70回臨床眼科学会. 京都, 2016年11月4日
  2. 齋藤航. フェアウェルクルズス. 診断の難しい網膜・視神経疾患. 急性帯状潜在性網膜外層症の診断: コツと落とし穴. 第64回日本臨床視覚電気生理学会. 志摩, 2016年10月1日
  3. 齋藤航. LSFGを用いた黄斑疾患の病態研究. 大田区網膜研究会. 東京, 2016年8月25日


ページの
最上段へ